千葉大学大学院理学研究科・理学部
Welcome to aplab
[Japanese | English]

宇宙物理学研究室について
メンバー紹介
研究室風景
研究プロジェクト紹介
大学院受験案内
大学院教育について
学部・卒業研究について
セミナー・集中講義の案内
連絡先・交通・所在地
関係サイトへのリンク
過去のニュース
研究室内部向け情報


◆Aplab NEWS◆

2016-12-05 堀田英之特任助教が加わっている研究グループのシミュレーションプログラムの自動生成言語開発についての研究が、国際会議(International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis)で、高性能計算技術の国際的な賞であるゴードンベル賞の
ファイナリストに選ばれました。  ♦ ニュースリリース
2016-11-05 堀田英之特任助教の記事が 日本物理学会誌11月号に, 「太陽内部のカオスから秩序を生み出す」というタイトルで、掲載されました。
堀田英之特任助教作成の画像「スパコン『京』で再現した太陽内部の熱対流の様子」が表紙を飾りました。[出典:日本物理学会誌]
2016-10 24 英国キングスカレッジの学生さん25名の訪問を受けました。
2016-08 22-26 宇宙磁気流体・プラズマシミュレーションサマースクール [SS2016]を開催しました。
2016-07 11-16 6th East-Asia School and Workshop on Laboratory, Space, and Astrophysical plasmas [EASW2016]を開催しました。
2016-07-01 堀田英之特任助教の解説記事が 物理科学雑誌「パリティ」7月号に, 「ガリレイの観測から400年『太陽はなぜ11年の活動周期をもつのか』」というタイトルで、掲載されました。
堀田英之特任助教作成の画像「音速抑制法を用いて計算した太陽全球の熱対流の様子」が表紙を飾りました。
2016/04/19 堀田英之特任助教が附属図書館主催 1210あかりんアワーで, 『太陽最後の謎 「黒点数11年周期」』というタイトルで、教員が研究の楽しさを語る 第122回!の講演を行ないました。
2016/3/25 堀田英之特任助教らの論文が、Science誌に掲載されました。
"太陽最古の謎 解決に王手!スーパーコンピュータ「京」による世界最高解像度計算で
太陽の磁場生成メカニズムを世界で初めて解明"  ♦ニュースリリース[PDF]
2016/2/6 堀田英之特任助教の研究『太陽の活動〰熱対流と自転〰』(計算結果を可視化した動画)公開
     [助成:子どもゆめ基金]

[Science | Chiba Univ.]

Last modified at