back to aplab HOME  

宇宙物理学研究室の学部生教育・卒業研究

授業科目とその内容 過去の卒業研究テーマ一覧 千葉大学入試案内

 

宇宙物理学を学ぶためには、力学、電磁気学、統計力学、量子力学などの 基礎的物理学を理解しておく必要があります。理学部物理学科において、 学部3年生までにこれらの科目を着実に学んでいただきます。 宇宙物理学を学ぶ上で履修しておくと良い選択科目には以下のような ものがあります。

授業科目担当者授業内容
宇宙物理学A松元亮治宇宙流体力学、放射過程、星の構造など
宇宙物理学特論松原英雄赤外線で探る銀河の進化についての集中講義
素粒子物理学河合秀幸4種の相互作用、高エネルギー実験、大統一理論
特殊相対論吉田 滋特殊相対論
相対論特論近藤慶一一般相対論
原子核物理学中田 仁核構造論入門
流体力学横井喜充流体力学の基礎、安定性、乱流、弾性波など
非平衡系の統計物理学佐野雅己 非平衡系の統計物理学について基礎から分かりやすく講義する。
放射線物理学福田、野田、高田放射線物理の概要、放射線検出器、原子核反応や崩壊過程、医療応用
計算物理学実習I宮路茂樹数値計算法とプログラミング実習
計算物理学実習II全教員数値計算法に関する課題演習

▲ page TOP

4年生の必修科目として「卒業研究」があります。3年次の2月に卒業研究の 配属が決定され、各研究室に所属してセミナーと研究指導が行われます。 卒研学生には大学院生、研究員と合同の研究室内に机が与えられ、ほぼ 1人に1台の計算機が利用できます。

宇宙物理学研究室では、毎週、基礎的文献の輪読をしています。 最近、輪読したテキストには以下のようなものがあります。


書籍名著者備考
Astrophysical ConceptsM. Harwit平成19年度
Black Holes, White Dwarfs and Neutron StarsS.L.Shapiro, S.A.Teukolsky   
相対論入門 下:一般相対論シュッツ平成13年度後期
Introduction to Plasma PhysicsF.F. Chen平成14年度前期
Our Place in the UniverseN. K. Glendenning平成20年度
An Invitation to AstrophysicsT. Padmanabhan平成21年度~

1回のセミナーで15ページ程度進みます。当番に当たった人は担当部分のテキストの内容を要約して説明します。また、演習問題をすべて解いてくる必要があります。

このセミナーに加えて、大学院生をチューターとするプログラミングの 演習があります。10月までには研究テーマを決めて研究を開始し、その 結果を2月に原子核、高エネルギー分野と合同で開催される卒研発表会で 発表してもらいます。発表会前には研究室に泊まりこんで準備に追われる 日々になります。これまでの卒業研究テーマの例は、下記を参照して ください。なお、卒業論文に相当するものとして、研究結果をまとめた Webページの作成が義務づけられています。

夏休みには研究所見学に行くことがあります。

▲ page TOP


  過去の卒業研究テーマ一覧

▲ page TOP


[Aplab]

web-admin <web-admin@astro.s.chiba-u.ac.jp>